新 日本 プロレス g1 結果。 G1クライマックス28 試合結果 2018/8/10 日本武道館

【新日本プロレス・試合結果2017.8.1 鹿児島【G1クライマックス27 :Aブロック】棚橋弘至 vs 飯伏幸太|内藤哲也 vs 後藤洋央紀 他~

(ジ・エクスキュースナー)• 大会形式には以下の3通りがあり、年によって方式が異なる。 1994年• 1990年代 [ ]• Aブロックでは2位争いとなった蝶野とリック・フレアーが勝点で並んだ為(ともに1勝1敗1分)、勝ちタイムの短かった蝶野が決勝トーナメントへ進出した。 10月11日、プロレスリング・ノア千葉ポートアリーナ・サブアリーナ大会から10月21日、プロレスリング・ノア銚子市体育館大会まで矢野通が参戦。 リーグ戦+決勝トーナメント方式(1995年、2000年~2007年、2009年) AとBの各ブロックで総当たりのリーグ戦(30分1本勝負)を行い、得点が1位、2位の選手が決勝トーナメントに進出し、勝ち抜いた選手が優勝決定戦で最強者を決定する。 大会後には打ち上げパーティーが行われており、限定100名のオフィシャルファンクラブ「Team NJPW」会員が参加することが出来る。 1月4日、東京ドーム大会を開催。

Next

結果

12月、第1回「」を開催。 本間朋晃、マイケル・エルガン、真壁刀義 vs 吉田綾斗、海野翔太、永田裕志 オープニングマッチはヤングライオンの海野翔太、K-DOJOのホープ吉田綾斗を率いた永田裕志が新日本隊の真壁刀義、マイケル・エルガン、そして先日復帰を果たした本間朋晃と対戦です。 5月21日、宮城県スポーツセンター大会に獣神サンダー・ライガーが参戦。 IWGPヘビー級王座 IWGP HEAVYWEIGHT• 新日本プロレス、夏の祭典・最強戦士決定戦「G1クライマックス28 2018年 」、2018年7月14日東京・大田区総合体育館大会、開幕戦の試合結果です。 1986年6月、新興プロボクシング世界王座認定機関「」会長のの立会いの下で新日本プロレスと日本IBFが業務提携を結んだことを発表。 権利書を贈呈されたG1優勝者には残りの半年間、その権利書を狙う挑戦者を相手に防衛戦を課せられることとなり、「 防衛に成功すれば保持者のまま次の防衛戦に、防衛に失敗すれば権利書は移動」の繰り返しを行い、年末のビッグイベント終了時 に権利書の挑戦者欄に所有しているレスラーの名前が記入され、「東京ドームのメインイベントの挑戦者」 として正式に選ばれることとなる。

Next

【新日本プロレス・試合結果速報・G1・優勝決定戦】2018.8.12 東京・日本武道館:棚橋弘至 vs 飯伏幸太 他~

2月22日、取締役社長の手塚要が退任。 飯伏にとっては2017年のオカダvsケニー・オメガを超えられるかというテーマも持っています。 オカダの部屋 オカダ・カズチカが司会を務める対談連載!レインメーカーがゲストを迎え撃つ!! 第2回 蝶野正洋 蝶野正洋、、、、武藤敬司、、、クラッシャー・バンバン・ビガロ、スコット・ノートン、、、馳浩、、橋本真也、、 リック・ルード 8月6日 - 11日 16選手によるトーナメントで開催。 それぞれの選手が得意技を出し、やや駆け足の展開となりました。 4月9日、新日本プロレス大阪ドーム大会に新崎人生が参戦。 2020年6月8日閲覧。

Next

G1クライマックス28 試合結果 2018/8/10 日本武道館

プロレス [6月22日 22:09]• 1月4日、東京ドーム大会を開催。 ボクシング [6月25日 22:13]• ジェイ・ホワイトの膝攻めに苦しみましたが、最後はデスティーノで3カウントを奪って内藤がIWGPインターコンチネンタルを奪取しました。 2007年• を創設。 初代王者は。 1月25日、プロレスリング・ノア大阪府立体育会館第2競技場大会に永田裕志、獣神サンダー・ライガーが参戦。 優勝決定戦で先に入場した選手が優勝したのは、1991年の蝶野、2008年の後藤、2010年の小島、2011年の中邑、2012年・2014年のオカダ、2013年・2017年の内藤、2016年のオメガ。

Next

結果

11月23日、プロレスリング・ノア後楽園ホール大会に金本浩二、タイガーマスク(4代目)が参戦。 2004年• (バリー・ガスパー)• 4点: 2勝4負• 9月9日、新日本プロレス東金アリーナ大会に望月成晃が参戦。 最終日は超満員札止めにはならず。 12月、第1回「」を開催。 試合後に石井はG1公式戦で勝利しているケニー・オメガのIWGPヘビーのタイトルに挑戦をアピールしています。

Next

新日本プロレス

11月19日、を創設。 新日本プロレス、夏の祭典・最強戦士決定戦「G1クライマックス28 2018年 」、2018年8月12日東京・日本武道館大会、優勝決定戦の試合結果です。 1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会に武藤敬司が参戦。 (初代ミスティコ)• 12月、第1回「」を開催。 、、を返上。 大相撲 [6月23日 9:01]• ボクシング [6月25日 22:13]• 「KING OF SPORTS」を標榜して「」と呼ばれるファイトスタイルを掲げている。

Next