に ぶん の いち 夫婦 結末。 にぶんのいち夫婦・第33話のネタバレと感想|マンガボックス|女性・少女漫画紹介サイト【manganista】

【にぶんのいち夫婦】最新話ネタバレとあらすじまとめ!

黒幕は文のことが嫌いだったみたいなんだけど、嫌いなのに10年も友人として付き合ってるのがすごいわ。 高梨に合コンに誘われますが、断ります。 去年の秋ごろにさやかと連絡を取っていた高梨は、和真や南沢と一緒に飲みに行く話をメッセージでやり取りしたら一緒に飲みたいと言い出したさやか。 お手洗いで見た自分の顔は真っ白で、洗面所に前で少しの間座りこんでしまいます。 結婚前、そして結婚後には見ておきたい漫画となっています。

Next

にぶんのいち夫婦・第33話のネタバレと感想|マンガボックス|女性・少女漫画紹介サイト【manganista】

どうやら結構派手に色々やっていたらしい2人の事は、樋口の仲間の居る街では結構有名になっていて、被害届を出すと張り切っている人もいるのです。 漫画を購入するときのひとつの指標として、よかったら周りの評価も参考にしてみてください。 結婚2年目でもラブラブで、周りの人が認める良い旦那さんと生活しているが、旦那のスマホに入った1通の怪しい着信を見て、疑心暗鬼に陥っている。 文の母親も父親の浮気が原因で離婚したらしく、当時は何年も前にした浮気のことで離婚した母親を怒鳴っていた文だったけど、今は母親の気持ちも分かると思っていた。 生理が重いため、その日は荒ぶるようになる。 でも、その怒りをさやかに向けなかったのは、ゲームだと言い切る彼女に嫉妬していると思われるのはプライドが許さなかったからだった。 しかしこんなちょっとした誤解でヒビが入ってしまいました。

Next

【漫画】「にぶんのいち夫婦」のネタバレや最終回の結末【他人事ではない夫婦の浮気問題の衝撃のラストは】

一人でベッドに横になり、文のことを考えています。 将来も見据えて付き合って行きたいという和真に、うまくいくわけがないと言い残しその場を去るさやかだった。 にぶんのいち夫婦の1話から最終回までのネタバレまとめ! 以下、各話のあらすじを簡単にご紹介していきます。 もちろん、ただの同僚で、 彼は冗談を言って楽しんでるだけと答えますが… それでも、焦燥感が治らない和馬。 そんな「にぶんのいち夫婦」の結末を予想します。 主人公の文は理想的な旦那を持って世界一幸せであったはずなのに、知らない女のメッセージ1つでドン底に落とされ、夫の帰りを気にして時計ばかり見てしまったり、レスになって自分の魅力のなさに情けなくなってしまう姿が描かれていて、読んでいて胸が苦しくなってきます。 」 夫を問いただして夫婦関係が壊れるかもしれないリスクをとるか、自分の心に収めてこれからの日常を守るか…。

Next

にぶんのいち夫婦【33話】最新話のネタバレと感想!和真の過去

疑惑に満ち溢れ、思い悩む文や夫の行動には是非注目して読んでみてください。 樋口は「旦那さん、無事で良かったですね」と声をかけてくれますが、文は色々とあり過ぎて頭も心も整理できていないでいました。 さやかは高校時代の彼氏がゲームで他の女の子とキスをしたことを思い出します。 結婚後の経験も長く、文に多くのアドバイスをする。 文のメッセージかなと思って覗いてみると、それはさやかからで、二人で話をしたいので時間を作って欲しいと書いてあった。 文に「泣きたいなら泣いてください」と伝え、文は胸の内を明かしながら泣き続ける。

Next

にぶんのいち夫婦・ネタバレまとめ【分冊版の最新話から最終回結末考察まで】|女性・少女漫画紹介サイト【manganista】

話を聞いていた樋口は、さやかにうさん臭いと言って、和真に対して薬でも盛ったんじゃないかと疑っています。 この人物とさやかはなにか関係があるの??? この状況だしね・・。 車の中で、優香の旦那・佳樹は追い込んでいる自覚がないのかもしれないという話から始まり、嫁が急にいなくなるのはキツいという話に。 それは文の事なのかと凄い表情で尋ねるさやか。 母親は簡単に荷物をまとめさせて、さっさと文を和真に託します。

Next

にぶんのいち夫婦 11~12巻~黒幕を知ってしまった文 のネタバレ・感想・無料試し読み!

All rights reserved. 第2話あらすじネタバレ 文はモヤモヤした気持ちでいることに耐えられず、追及するのではなく、立川さとみからのメッセージを忘れて謝る事にした。 『にぶんのいち夫婦』第32話は マンガボックスで読むことができます。 50%や100%オフクーポンがある• 和真は文を大事に想っていた そして後から香住も部屋に入ってきます。 しかし、違法ではなく漫画の最新話を読む方法があるんですよ。 そして、同じく同期であり、合コンに参加していた南沢に、合コンメンバーでSNSのグループを作ろうと何気なく提案。 そんな主人公に悔しさや悲しさ、苦しさ、惨めで情けない気持ちを味わせる浮気は絶対にしてはいけないと思うし、自分が浮気されたときは追求すべきなのか非常に考えさせられる物語です。 ある日、文は夫の携帯電話に来た意味深なメッセージを見てしまう。

Next