異 世界 で チート 能力 を 手 に した 俺 は 現実 世界 を も 無双 する。 異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する ~レベルアップは人生を変えた~

ファンタジア文庫WEB発小説

「何悩んでるんだよ。 がうがうモンスター• いや、分かったのはいいけどメチャクチャな内容だな!? とやはりこれだというものが人気作品にはある。 俺もなんでここまで渋っているのか自分でも分からないが、何となくやりたいことがスポーツじゃないって決めつけていたんだろうな。 」 もっと細かいルールあるでしょ!? 別にミスしてもいいからさ」 「うーん……」 どうしたものかと悩んでいると、亮が苦笑いしながら口を開いた。 。

Next

【感想】異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する|俺の人生二次元に捧げる!

コミックヴァルキリー• 」 突然の申し出に驚いていると、田中君は顔を上げ、事情を説明する。 」 というより、そんな冊子があるのか。 これを中心に栄える迷宮都市の外れに佇む一軒の喫茶店では、この異世界で唯一コーヒーが飲める。 成長率もチートなら武 器防具もチート、全てを貫く槍、全てを切り裂く剣、あらゆるものを切り裂き小さな切り傷でも致命傷に なる鎌、無限の攻撃が出来る小手etc…この鎌があったら剣はいらん。 どの家のことだ? そんな感想を抱いていると、【扉の主】の説明に書かれた、メニュー機能という部分に気付いた。

Next

異世界でチート能力(スキル)を手にした俺は、現実世界をも無双する ~レベルアップは人生を変えた~

レベルアップする前は何の成果もなく、それどころか悪化する一方だったから心が折れたけど、今は見た目が変わらなくてもちゃんと身になっているのが分かるので、苦にならないのだ。 イラストを担当されている桑島 黎音さんの絵は髪の描き方が繊細で好きです。 三人で冊子を見ていると、ふと亮がある部活に気づいた。 転生してから40年。 デスティニーラバーズ• か、鑑定? 忍耐? それに、異世界って……。 三人の言葉に、俺は心が温かくなるのだった。

Next

第1話

ほれ」 亮は動画サイトに上げられている、ニュースの一部をスマホで俺に見せてくれた。 まさかとは思うが、異端だ! とか異世界人に言われても困るし、気をつけよう。 ヤングエースUP• 魔王です。 というかこのタイトル長い。 異世界でチート能力を手にしたことで現実世界で超リア充になれた。 ちょっと……いや、かなり心惹かれる部活だな。

Next

第63話

現代からやってきた高校生店主ユウが切り盛りするこの店には、コーヒーの芳しい香りにつられて、今日も喫茶店グルメを求めるエルフやドワーフ、冒険者たち、そして街の有力者までもが"常連"として足を運ぶ。 そんな中、食堂で亮たちと食事をしていると、ふと何かに気づいた様子で亮が口を開いた。 。 転生貴族の異世界冒険録 〜自重を…• コミック アース・スター• 169• 女の子の間じゃ優夜君の話題で持ちきりなんだから!」 「そんな俺なんかの話題で盛り上がらなくても……もっとカッコいいアイドルとかいるんだし……そもそも何で俺なんかで?」 俺がそう言った瞬間、三人は虚を突かれたような表情を浮かべていた。 賢者さんのの本を読んだところ、魔力切れは時間が経てば回復するが、あまり褒められたことではないらしい。 俺自身が変だと言われたら終わりなんですけど。

Next

異世界でチート能力(スキル)を手にした俺は、現実世界をも無双する ~レベルアップは人生を変えた~

もう尋常じゃないくらいに。 他の異世界ものや転生ものは異世界のみの話。 よくある異世界モノですが、この美紅さんは安心して読めます。 アクターダンス• 」 「一人で部活ってできるのかよ!? でも、そうか……様々な人生経験……。 それに、授業で野球やっただろ? その時の感じでいいからさ」 「その時の感じって……ただ打って、走って、飛んで来た球は取る、くらいしか意識してなかったよ?」 「それで完璧だ」 「完璧なの!? ご主人様とゆく異世界サバイバル!• そして1週間で別人に。

Next