卓球 フォア ドライブ。 フォアが入らない!卓球の基礎!きれいなフォームを身につけて上達!

卓球であなたのドライブの安定感がぐっと増す、3つの方法

話は少し長いですがその分丁寧に情報量を多くしてみなさんにわかりやすいようにしてみました。 まだまだこの打法を実践している選手は少ないと思いますが、 トップ選手ではほぼ全員がやっているので、 今後この打法で指導する指導者も増えてくると思いますが、 まだまだ知っている人が少ない時にこういった プラボールに適した打法を知っていることができれば 大きなアドバンテージを得ることができるので、 ぜひすぐに練習に取り入れてライバルに差をつけると 試合で勝てるようになっていくでしょう^^. 正しいフォームを知り、実際にそのフォームで打ってこそ正しいフォームが身についたということができます。 このページの目次• 今日は、卓球の中でも最重要基礎技術である「フォア打ち」について 「フォアが入らない!卓球の基礎!きれいなフォームを身につけて上達!」 と題してフォア打ちについてご紹介いたしたいと思います。 卓球の実力が伸びない。 スイングする時は、腰と一緒に手を動かすようにしましょう。 自分の場合、手首を使うことは意識していません。 振りぬいた後は、すぐに腕を伸ばして基本スタンスに戻ります。

Next

卓球動画 フォアドライブの打ち方!元日本リーガー森下選手と基本の「き」【Lili PingPong Channel(tabletennis)】

トップ選手の中で例を挙げると現世界チャンピオンの中国の馬龍選手、2015年世界卓球準優勝の方博選手、日本人の中だと木下グループ大島選手、同じく木下グループの水谷選手も入ると個人的には思っています。 ボールを打ったらすぐに次の打球に備えて 素早くフットワークで動いて、 打球前に溜めをつくりしっかりスイングして ドライブを打てるようにしていきましょう。 スポンサーリンク 部位別のフォームチェック【体の使い方】 ドライブのフォームについて、部位別に解説していこうと思います。 切れていないカットはラケットの上部でボールを捉え擦り切る距離を短くするのです。 この両方に対処しないといけない。 スイング以上に戻りを大事にしなければならないと思います。

Next

卓球を始めたばかりの方へ!フォアドライブの基本をお伝えします!

これから卓球をはじめようとする人、あるいは既に始めていてフォア打ちが入らないな~といった悩みを持っている方々向けにフォア打ちに関する技術情報をご紹介いたします。 つまり、下回転系のボールをこちらからドライブするのではなく、下回転のボールを相手にドライブさせてからの展開に持ち込むのが大事ということだ。 動画を見てもフォームが美しいとわかりますね。 つまり安定してフォア打ちができるようになるからです。 ラケットの面は少し被せるか開ける程度で、打球位置はタメを増やすために、引きつけることをおすすめします。 面を被せずフラット気味に打つと、回転は掛り辛くなりますので。

Next

フォア打ち、ドライブで肘はあけない?

ドライブマンがボールの上を擦れない場合にも有効 この方法が、万人のシェークフォアハンドを直すとは考えていませんが、興味のある方は、ご自身のシェークラケットをペン持ちして試してみてください。 自然にボール軌道の後ろ側にラケットが準備され、かつ体に近く、下方向にバックスイングがとられるために、相手からは打ちこむ方向が分かりにくく、さらに台から出てきたボールに対して、ラケットのアプローチが早くなっています。 また、時々切れたボールを混ぜられると、 ラケット角度が狂い、ネットミスしたり、ボールを浮かしてしまったりします。 脇をあけるとか絞める考え... 参考になれば幸いです。 但し注意点としてチキータはストップのように台上に短く止めるのが難しく、長いボールになってしまうため、一辺倒になるとヤマを張って狙い打たれるということが挙げられます。

Next

ようこそ卓球 基本技術編 ③フォアハンドドライブ(左利き)|卓球レポート

ひざの屈伸活動を行うことで、ボールに下から上への力を加えることができます。 粒高と性質が近いラバーを使っているので、私が試合でやられて嫌なことを書きます。 相手の回転に負けないドライブを打つことができるようになります。 takurepo. なおかつ連打もしやすい。 普段フォアに表ソフトラバーを使っているため、裏ソフトラバーをフォア面で使うのは苦手でした。 (右利きの場合)バックスイングで左足を前に出すように曲げて右足に重心を移動。

Next

【卓球】最新ドライブフォーム!プラボールでも威力速さ回転を出せる!

それではフォアハンドの基本的な打ち方を紹介する動画をご覧ください。 (腹筋や胸の筋肉) 手首を使うと横回転がかかる原因は、ラケットヘッドが下がっているからではないでしょうか?その状態から手首を大きく使ってドライブを打つと少しボールの外側を打つようになるからだと思います。 さらにいうと、早い打点で捉える分 コースを打ち分けた時に相手から同じようなフォームで 打ってくるように見えるため、 ドライブの威力が上がるだけでなく 相手からすると「どこに打ってくるのか分からない」という コースが読まれにくいドライブを打つことができるのです。 返球された時に反応できなくて、ポイントを取られてしまいます。 それに加え繋ぎのボールはクロスに来易い為そのボールを待つということも念頭においておく必要があります。 決め球に関しては、思い切り振りぬいてもOKです。

Next

卓球 ドライブの基本フォーム【体の使い方解説】

そこでRVの組み立てで中心になるのが チキータです。 そういったチャンスも伺いながら、我慢強く、そして強気に対処しよう。 体の横にラケットを構えて腰を回転。 1、2ともまず初心者ができるような技ではありませんし、 特に2なんかはほぼ無理ですね。 少しでも参考になれば嬉しいです。

Next