ジー ライン スタンダード アーマー。 RX

FSWS計画

性能面 全体的にコスト相応の性能であり特長はないが、足回りはそこそこ優秀。 支援機相手はダウン追撃以外確実にカウンターされます。 搭乗者などの詳細は不明。 ただし説明書には機体名や詳しい設定は書かれていない。 一年戦争時の技術力での実用化は不可能といわれたが 、ガンダム7号機本体およびフルアーマーガンダム7号機を含め、宇宙世紀0081年には完成し、実戦参加を果たしている。

Next

FSWS計画

一年戦争末期に計画された RX-81はガンダムの簡易量産型とも言うべきとは異なる、ガンダムの完全量産型というべきものであるとされる。 バックパックはM-MSV版が「フル装備」状態(スタンダードがガトリング・スマッシャー仕様、ライトアーマーがミサイル・ランチャー仕様だが、後者はスラスターを武装に見立てている)に当たり、スペックになかったビーム・サーベル(ガンダム同様の2本差し)とシールド(ガンダム7号機と同型)が追加された。 2機が完成するが、軍縮の煽りを受けて開発は一時中断される。 完成機は予定通りの性能を示すものの、制式採用には至っていない。 フルアーマーガンダム、ヘビーガンダムに続く型式番号であることから「フルアーマー3号機」とも呼ばれる。 開発された補助兵器 [ ] バストライナー [ ] 『MS-X』に登場する地球連邦軍の宇宙・地上用移動砲台。

Next

FSWS計画

011)、角川書店、94頁。 作中での活躍 漫画『』では、宇宙世紀0090年に主人公であるがシミュレーター上で操縦する。 0081-水天の涙-』では、中尉が搭乗する。 アーマーを装備しない素体の状態。 ミサイル・ランチャー :スタビレーター付バック・パック上面のハードポイントに1基ずつ装備、同時に複数の目標をロックオンできる。 また、機体本体のバックパックにも予備の1基を装備している。

Next

RX

ミサイルランチャーM 弾数強化型。 そんな機体です。 機体HP:13000• 全体的に重く、積載量の強化や他武装との兼ね合いの考慮が必要。 2t 材質 ルナ・チタニウム合金 不明 不明 ビーム・サーベル 肩部ビーム・キャノン フレーム・ランチャー 専用ビーム・ライフル 専用バズーカ 搭乗者 メカニックデザイン企画『』に登場。 スラスター:60• RX-0• 威力が低いため、遠距離からのけん制や削りに向く。 FA-100S• スピード:125• 最も重いが他のFバズより弾数が多く、範囲も広い。 機体の状態により上昇する高度が異なる。

Next

FSWS計画

連射速度を1485まで強化すると、連射が一段階増す。 本来ガンダムにはと呼ばれる同等の装備が存在したが、パイロットを別途必要とする点や、 収納のためのスペースを空ける事により起こる機体剛性の不足、フルアーマー計画による規格の変化などにより、フルアーマーガンダム用の決戦兵器という形で大型のビーム兵器を装備した移動砲台として企画された(でも使用は可能)。 最近の機体にしてはやや旋回が物足りないくらいかなと。 コスト300位なら有りなんだけどコスト340じゃなぁ -- 2019-10-06 日 12:38:38• 移動時の姿勢が最高すぎてヒットボックス最小だもんねぇ -- 2019-08-10 土 17:55:26• Gダッシュパーツは巡洋艦並の加速性能を持つブースター・ユニットとウェポン・デバイスから構成されている。 戦況に合わせて選択する。 ジーライン兄弟の中で4000代に届く装甲、N持ち、一番いい性能してるガトスマ。 左腕部には5連装ロケットランチャーがあり、艦艇サイズの障害物すら移動させるほどの推力を持つ。

Next

【バトオペ2】ジーライン・スタンダードアーマーの性能詳細と感想、評価。ガトスマを活かせ!

『講談社ポケット百科シリーズ35 機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション3 連邦軍編』講談社、1984年7月、13頁。 ヘビーガンダムの設計図をもとに開発され、初めて自力で大気圏離脱及び突入を行ったMS。 0tとする資料も存在する。 しかし本機の企画案にはっきりした改修箇所などの指示はなく 、外観やスペック、運用面に関する記録も残されておらず 、どの程度まで研究が進められていたかは不明である。 アーケードゲーム『』では、2種類の大型ミサイル・ランチャー(長射程・機動性維持、短射程・機動性向上)を選択可能となっている。 こいつのバズ発射が妙に遅いから追撃しようと切り替えてると撃. バックパックや全身の装甲は状況に応じてパージが可能。 のとの戦闘の際にはバイオ・センサーを発動させ、共感現象を起こす。

Next

FSWS計画

ビーム兵器と実体弾兵器を多数搭載しており、重武装化の弊害である機動性の低下は肩部や脚部、バックパックなどの各所に配置されたアポジモーターによって補う。 当初からフルアーマーなどのオプションを想定して設計された に増加装甲(ファースト・アーマー )を装着した状態。 また、バックパック後部にはプロペラントタンクを兼ねた大型のロケットブースターが2基配置され、全スラスター推力は高機動型MSにも匹敵する。 0m 62. 弾速の目安は、(速)S>M>無印>W>G(遅)。 大出力のブースターが装備されているものの、小回りが効かずMS同士の格闘戦にはまったく向いていない。 判定の穴も無いが、上下の判定には乏しい。 フルアーマー・ガンナーガンダム [ ] 漫画『』に登場。

Next