ご高配 意味。 「ご高配」の意味とは?|使い方と例文(ご高配賜りますよう〜)

「ご高配」の意味と使い方・例文・類語・読み方|格別の/いただき

例えば「日頃からご高配を頂き、ありがとうございます」などのように使用されるもので、相手がこちらに対して、気遣いをしてくれたり、心配りとして具体的に何かの行動をしてくれたりした場合にこの言葉を使用します。 挨拶に必須なだけに、印象を左右しかねないので、ミスなく使いたい言葉です。 また、そのさま。 ・ご高配にあずかり、ありがとうございます。 では、順番に見ていきましょう。 「ご高配を賜りますようお願い申し上げます」の使い方 つづいて「ご高配を賜りますようお願い申し上げます」の使い方について。 「ご高配(御高配)」の意味と正しい使い方 「ご高配」は「ごこうはい」と読みます。

Next

「ご厚情」の意味と使い方は?「ご高配」との違いや使い分け方は?

相手を心配する気持ちや、身の上を案ずる気持ちなどを持つことを表現するものです。 「いつもありがとう!感謝しています!」ということを、 難しく言ったものです。 「ご高配を賜り」は、広い意味での感謝を述べる際に使うことのできる便利な言葉ですが、主に書き言葉で使用するものです。 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます (本文 敬具)」• そして、あいさつでなど用いる「ご厚情」に類する、相手の気持ちや態度に敬意を表す言葉は、次のようなものがあります。 ・格段の:ある物事が普通をはるかに超えてしまっていること。

Next

「ご高配」の意味とは?|使い方と例文(ご高配賜りますよう〜)

また、同じ「お」を付けた言葉に、「お茶」「お味噌汁」「おかわり」などがありますが、これらは単に元の語を丁寧な言い方にしただけであり、「美化語」に含まれますので、敬いの気持ちの表れとは少し違っています。 特に自分に対して使うとき、「気をつけます」ではなんとなく軽い感じがしてしまうので「配慮します」と言い換えると良いでしょう。 「拝察なさいましたか」というように相手の動作に対して使用することは誤用なので注意しましょう。 また、「配慮」は求めるものではないという意見もあります。 ・ご高配にあずかり、感謝申し上げます。 会社で言えば上司や社長などに対して使うことが多いですが、他にも自分が目上の人だと思う相手や、敬意を払いたい相手にも用いることがあります。 これも皆様のご支援、ご高配のおかげです。

Next

「ご高配を賜りますようお願い申し上げます」意味と使い方・例文

「ご高配」の使い方 「ご高配」の意味や、どのようなシチュエーションでこの言葉を使うのかについてご紹介してきました。 「ご高配」とは気遣いを敬って表現した丁寧な言葉. 本日中に資料を発送いたしますので、ご確認をよろしくお願いいたします。 物事に対して起こる思いやりの感情であると言えます。 「ご高配」は主にビジネス文書やメール、手紙などの挨拶文として用いることが多くあります。 結局は「今後もよろしくね」と言っているのとおなじニュアンスであり、何も問題はありませんけど… 【参考】 【シーン別】違いと使い分け 「ご高配」のビジネスシーン(メール・手紙・社内上司・社外・目上・就活・転職)にふさわしい使い方と、敬語フレーズを使った例文をみてきましたが… こんなときにはどれを使う? というビジネスシーンごとの使い分けを整理しておきます。

Next

「ご高配を賜り」の意味や正しい使い方

ビジネス文書で使うときは時候の挨拶も入れる! 「ご高配」をつかうときの、一連の流れとして覚えていただきたいこと。 基本、高いところにいる=身分が高いとなります。 では、日常のどのような場面で「ご高配」を利用することがあるのか、使い方の項目でもいくつかはご紹介しましたが、ここでは具体的に利用頻度の高い場面別に紹介いたします。 難しいようでしたら「今後もよろしくね!」のカッコつけた表現だということを覚えておけばよいでしょう。 ただ、 「ご高配」の挨拶文などは、すでにパターン化されているので、メールでどのような場面で当てはまるかを理解しておくと使い方が便利になります。

Next

【目上へ】ご高配 の意味と使い方・例文

本年も相変わらず、よろしくお願いいたします。 書簡文での使い方 拝啓【時候の挨拶】 ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。 「ご高配」の類語 「ご厚情(ごこうじょう)」 相手から受ける、 手厚い情けについては「ご厚情」という言葉を使うことができます。 「ご配慮」の使い方 「ご配慮」は 「相手の心遣いに対して感謝の気持ち」を丁寧に表している言葉です。 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます (本文) 敬具」• すると以下のような感じ。

Next

「ひとかたならぬ」の意味と使い方・漢字・類語|年賀状

名詞なので「頂く」や「賜る」、「預かる」のように後に動詞を付けるほか、「ご高配に感謝」のように使うこともあります。 例文 「平素は格別のご高配をいただき、誠にありがとうございます。 旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございました。 」などと言う場面があります。 「ご高配」の意味について触れる前に、まずは言葉の成り立ちから見ていきましょう。 」など、主にビジネスのセレモニーや手紙において、相手の思いやりに感謝を伝えるために使われます。

Next