ビジョナリー カンパニー 2。 楽天Kobo電子書籍ストア: ビジョナリー・カンパニー2

楽天ブックス: ビジョナリー・カンパニー(2)

ですので、ここでは時計を作るような経営者になることが大切といわれています。 2: だれをバスに乗せるか「最初に人を選び,その後に目標を選ぶ」 この章で言っていること 人事が命。 そして、先ほど書いたとおり理念を管理することによって、組織メンバー同士の一貫性を維持すると同時に、自主性によって進歩を促しています。 本作には、その例としてIBMやマイクロソフトなど、実在する有名企業も登場します。 それまで凡庸な企業だったのが、ある転換点から上昇し始め、それが15年続いている。

Next

『ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則』を読む -日本企業では?-

営利企業だけでなく、学校や部活などチーム運営全般に当てはまる内容• 第5水準の指導者を発見したことが本書の成果であるといって良いと思う。 キャリアやタスク、そういう経営のKPIから降りてきている上位下達のラインとは違うものが内発的動機だった気がするんですよね」 KPIだけでの運営では「学習しない組織」に陥ってしまう状況も、こうしたビジョナリー・カンパニーの基本理念の運営をヒントにして変えることができるかもしれません。 私も明日ケガした君に引き継げるようにしておかなければならない。 そして、飛躍する企業に必要な要素を炙り出していったのだ。 『ビジョナリー・カンパニー』は漫画もおすすめ! こちらは、『ビジョナリー・カンパニー』シリーズ4冊の内容における、重要なエッセンスがギュッと詰まったものです。 手に取りやすい一冊。

Next

『ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則』の要約と感想をまとめてみた!

メンバの自主性に任せることが徐々に出来るようになってきている。 それでは普通のGOODな企業である。 そして、生え抜きを昇進させるから変化しないということも言えないということですね。 しかし、オリジナルの英語版では、「ビジョナリーカンパニー」が「Built to Last」というタイトルなのに対して「ビジョナリーカンパニー2」は「Good to Great」と、タイトルも別々で、別の本という扱いだ。 だが、実際に経営者になったときに、そのままの我の強さ、押しの強さで経営してしまうと、名誉や金などは、すべて経営者個人に向かってしまうのだ。

Next

ビジョナリー・カンパニーから学ぶKPI至上主義の限界と処方箋 | iXキャリアコンパス

目標にあわせた人材を選ぶのではない。 シータートルは「針鼠の概念」を持てているか バツ。 要するにウェルチは、突然変異のように現れたわけでなく、GEの伝統のなかから生まれた人物ということなのですね。 いきなり大きな変化を起こそうと思っても、会社が劇的に変化することはありません。 情熱を持って仕事する人間は、他人が動機付けする必要がない 感想• しかも持続的に好業績をあげ続けている。 まとめ いかがでしたか。 ですので基本理念に合う者にとってはすばらしい職場ですが、合わないものは病原菌か何かのように追い払われ、その中間はありません。

Next

ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則|日経BPブックナビ【公式サイト】

。 製品やサービスのライフ・サイクルをいくつか繰り返している。 この地域での輸出入に関して、現地から賄賂を要求された際に、「利益を考えればそれを甘んじて受け入れたほうが儲かるが、それは公正さに欠ける」ということで、毅然とした組織決定としてはねのけられたという話です。 基本理念を実現していくためには、常に「自己満足せず、不安定な状況にあり、その中で試行錯誤し続ける」ことを目指すビジョナリー・カンパニーでは、不安定を自ら生み出すことが、仕組み化されています。 ビジョナリーカンパニーの特徴 ・基本理念が強い 自由でみずみずしい発想を原動力に 素晴らしい夢と感動 ひととしての喜び そして安らぎを提供する。 もしそうならば、すでに創業されているが、「偉大」ではない、「そこそこの会社」の経営者や従業員はどうしたらいいのだろうか? 創業当初から「偉大」でなければならないなら、ほとんどの世界中の「そこそこ」や「良い」会社程度の会社は、永遠に「偉大」にはなれないのだろうか? もし「ビジョナリーカンパニー」の結論が真実ならば、ほとんどの人にとって、「ビジョナリーカンパニー」は、「素晴らしい本」ではあるが、「役には立たない本」になってしまう。 シータートルは弾み車を回せているか マル。

Next

ビジョナリー・カンパニーとは? 要約や感想、書評を公開

今まで自分の努力にばかり目を向けていましたが、そうではなくて まずは『適切に選ぶ』。 「今の自分のタスクが日本製造業のERPシステム構築というものにつながっていたとしても、さらにその上位概念に、『製造業を支えている日本HPという存在は、HPのもつガレージの精神につながっているはず』という気持ちがありました。 ジム・コリンズは、企業は下記の五段階をへて衰退することを発見しました。 初めて当サイトに訪れた方へ 2-3. ビジョナリーカンパニーであればの話だがな。 明日自分がけがをしたらどうなるのか、だれが自分の代わりをやるのか。

Next

ビジョナリー・カンパニー2の電子書籍

7つの習慣やアドラーやドラッカーなどが話の中に頻出する。 厳しい現実を直視しつつも不屈の精神であきらめないこと• 偉大を目指すなら、ぜひ一読したほうがいい。 著者が分析の対象にした企業は11社。 もっと本質に迫りたい人向けの本だ。 本書の著者は、徹底した調査によって、企業経営の核心をつかんだが、それはカーネギーの言っているのと同じ所にだたどり着いてしまっている。

Next

ビジョナリー・カンパニー 2

先ず優れた組織を HP創業者の言葉 ビジョナリーカンパニーは優れた製品や戦略を作るよりも、優れた組織を作るためにより多くの時間を使っています。 巨大で重い弾み車を思い浮かべてみよう。 金属製の巨大な輪であり、 水平に取り付けられていて中心には軸がある。 それは、「偉大な会社は、偉大な創業者により作り上げられた」という結論だ。 だが、本書を読んで深く理解し、腑に落ちたことは、以下のシンプルな法則性にまとめられる。

Next