サウナ の ある ところ 映画。 サウナのあるところの上映スケジュール・映画情報|映画の時間

全裸映画『サウナのあるところ』感想文

でてくるサウナもつい笑ってしまうほどさまざまな種類があります。 もちろん辛い話ばかりではありません。 そして、メッセージに共感した男性たちだけでなく、女性たちの支持も集めて、フィンランドでは 1年以上も上映されるヒット作となりました。 …………………….. その学びはいるだろうか。 でもその期待は一気に壊れます。 さすが本場という感じ。 それらは、国を問わず、性別を問わず、生きていれば誰もが直面する、普遍的な人生の悩みや苦しみにも通じる部分があります。

Next

映画『サウナのあるところ』が伝えたいこととは?公開直前特別インタビュー!

そうでなくても、本作は面白サウナを紹介したいのか、サウナにおける社会学を展開したいのかの軸がぶれており、また歌のシーンなど余計な場面も多かったので、そこまで乗れませんでした。 おっさんたちは胸襟を開いてパンツを降ろしてちんこを晒して自らの人生を回顧したり悩みを打ち明けたりしている。 伝統農法や農薬を使わない育成方法によることもあってか、輸入品の安さにかなわなく生産者が減っているらしく…。 とつとつと語られる彼らの人生に引き込まれていくうちに、いつしか、長年の親友に心の悩みを打ち明けられたような親密さを、画面に映る男たちに覚えていることに気づかされます。 ユーラシア大陸を隔てて「裸の付き合いがある」ということでとても親近感を覚えた映画でした。

Next

サウナのあるところ : 作品情報

どこの誰だかわからないが、とにかく知らないおじさんたちが全裸で、聞くも涙、語るも涙の実体験を語り続ける80分。 継父からの虐待、犯罪歴のある昔の自分、離れ離れになった娘、止められなかった職場での事故、先に逝った妻や幼い娘・・・これまで話すことができなかった人生の悩みや苦しみ。 映画『 サウナのあるところ』は、2019年9月14日、アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺、新宿シネマカリテほか全国順次公開!. 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 みんながサウナで話をしてロウリュと言われる蒸気を浴びます。 悩みの中にいる人におすすめの映画です。

Next

サウナのあるところ : 作品情報

身も心も裸になったサウナのなかでは、シャイで寡黙と言われるフィンランドの男たちが、心の奥底にしまっていた人生の悩みや苦しみを打ち明け、次々と号泣もみせてくれるのです。 究極の癒しやデトックス、自分に戻る場としてだけでなく、日本の銭湯・温泉文化にも通じる、人とのつながりを生む場としてのサウナの魅力を再発見する。 間投詞のように、熱い石に水を掛ける。 そして彼らが涙を流すのです。 私は 映画というものには「文化を伝える」という役割もあると思っているんですけど、この作品はちゃんとフィンランドの「幸せ」についての文化を伝えられると感じたんです。 偶然の積み重ねです。 レンタルサービス(通常933円+1,865円:税抜)もセットになったプランを、30日間無料で利用できるお試しキャンペーンがあって、見放題作品にないものなどは、DVDの実物を郵送でレンタルできる体制になっています。

Next

サウナのあるところの上映スケジュール・映画情報|映画の時間

————————————————————————. ほかならぬ俺自身が思ったよ。 なので、フィンランドのサウナ事情は知っていましたが、日本のサウナ事情はきちんとは押さえられていなくて。 彼らと悩みを共有し、彼らの人生に寄り添うことは、観る者自身が自らの人生を振り返り、取り残されたままの悲しみや苦しみをすくい上げることにもつながります。 男たちはロウリュに包まれながら、継父からの虐待、犯罪歴のある昔の自分、離ればなれになった娘、止められなかった職場での事故、先に逝った妻や幼い娘の話など、これまで語ることができなかった人生の悩みや苦しみを吐き出す。 最も国際的に評価されているフィンランド人監督の一人であり、本作でヨーロピアン・フィルム・アワードにノミネートされ、2010年米国アカデミー賞外国語映画賞のフィンランド代表にも選ばれた。 木のベンチに腰をかけ、汗のでるのにまかせます。 というのも、2016年にフィンランドで こばやしあやなさん(『公衆サウナの国 フィンランド』の著者)と出会って、それから彼女のサウナ研究を日本での講演会で聞いたり、銭湯でのイベントに登壇している情報が入っていたので、「なんか日本でも銭湯やサウナの熱が高まってきているな」というのは感じていました。

Next

サウナのあるところ

これが私のフリーランスとして初めての配給作品でした。 サウナが恋しい…映画「サウナのあるところ」を思い出す アウトドアサウナといえば、 2019年、日本で公開されたフィンランド映画「サウナのあるところ」を思い出しますね。 映画『サウナのあるところ』のあらすじ・ネタバレ 人口 550 万人に対してサウナの数は 250 個。 初めてフィンランドに行ったのは2006年(『かもめ食堂』が公開された年)ですが、2009年から毎年フィンランドにわりと長めに滞在しています。 はだかになると話もする。

Next