シャンデラ 弱点保険。 【ポケカ】タイプ別 弱点・抵抗力の傾向(カードからポケモンに入った人向け)

穏やかDぶっぱ

「」も持たせ、も含めストリンダーの苦手な地面タイプすべてに対抗できるようにしています。 元々は枠としても採用していたが、集中攻撃を受けて打てない事がほとんどだったので守るに変更。 投稿者:破綻• 相性考察 タイプ、特にとの相性補完に優れる。 のにヘイトがとても高く、場持ちしないのが気になった。 ちょうはつ 、アシッドボム、などこの枠は最後まで悩んだが、 ・こちらがでんじはしている間に相手のサポート枠に場を整えられてしまう事を防ぐことができること ・を止められることで先発での選出しやすくなること などからちょうはつを採用した。 とイエッサンについて ストリンダー、カバドリの両方にとって相性が良いとしてを採用。

Next

シャンデラの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

しながら横のバニラかインテレオンから氷の礫を受けて保険を発動、2倍になった攻撃と素早さで塩試合を無限に生成する。 抜く理由が特にないので採用。 初手やに対して手助けキョダンデンを狙いにいく価値は十分にあり、交代や守るで防がれたとしても追加効果でアドバンテージを取っていくことができます。 サイクルの話があるので炎 霊 技のラッキー、サザン、バンギへのダメージ計算がほしいです。 与ダメージ シャドーボール H167-D170 H252 ギルガルド 100. ックスを他で切りたい場面が多いので、あまりックス出来ない。

Next

穏やかDぶっぱ

さらに隠し特性すりぬけに、身代わりさえもすり抜けるという強化を伴わせて実装。 ラフレシアは、スカーフヒヒダルマなどに抜かれてしまう。 とりあえず吹雪を撃つマシーン2号で、最速吹雪使いであることに加え、Cに補正をかけて雫以上を持つと、重くなりがちなH振りを狙い撃ちにて確定1発で葬れる為採用された。 技 てだすけ の火力を引き上げる。 ストリンダーの魅力はカッコイイこと以外に2つあります。

Next

ポケモン剣盾|初級者向け、ダブルバトルのコンボ集【5月29日更新】

そうでなければ、第1ターンを「まもる」や「ダイウォール」でしのぐ必要がある。 元々はを採用していたが、てだすけが欲しくなったのでになった。 基本は初手でイエッサンと並べ、で守られながら剣の舞を使う形となります。 再戦の頻発する最終盤まではの巧みがあまり読まれることが少なく、かなりイーウィンを決めやすかった。 一つ目の対受けループだが、 特性「すり抜け」、地球投げの通らない霊タイプ、技「呪い」「痛み分け」「」「トリック」など受けループや害悪構築への高い性能に注目し、面倒な対戦を減らすことが出来るのでは、という発想。

Next

ガラクタシャンデラ

素の火力が高いので、硬いも押していける。 対策・欠点 やはり「このゆびとまれ」や「ねこだまし」でどうにかなってしまうのだ。 これでセキタンザンはAC2段階上昇、S6段階上昇の高火力・超速ポケモンとなる。 霊はシャドーボール。 ウインディ 性格:いじっぱり 特性:いかく 努力値:A252 S252 B6 持ち物:こだわりハチマキ 技:フレアドライブ、ワイルドボルト、かみくだく、インファイト 素早さは最速ギャラドス抜き。 対策・欠点 「このゆびとまれ」で割と簡単に対策される。 投稿者:小巻• めざめるパワー氷 火半減の竜に4倍ダメージをさしこめる。

Next

ポケモン剣盾|初級者向け、ダブルバトルのコンボ集【5月29日更新】

「」を持たせたことで相手の追い風やトリルに対する切り返しができます。 実質耐久が2倍になっているので、壁貼ターンが残っているとダイマックスをしても対処が間に合わなくなる可能性があるのでできるだけ壁貼り役との戦いで壁ターンを枯らす動きをするのが大事です。 中途半端な耐久や技威力が改善されるためダイマックスとの相性は良好。 相手からや濁流といったを無視する全体攻撃技が使われそうならックスしておき、それら全体攻撃をトリガーに弱点保険起動を狙います。 バンギが苦手な格闘や鋼、地面を受けたり、相手のックスを欠伸守る再生を駆使して消化させたりしてバンギの展開を補助してた。

Next

【ポケモン剣盾】シャンデラの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

トリックルーム系• Sはでんじはの入ったドラパルトの上を取る為に108以上は欲しかったこと、と並んだ時に先にねっぷうやダイホロウを打ちたかったことから113まで振った。 9〜74. ・長所 ダイアタック、ダイジェットによるS操作が非常に強い。 ダイホロウで の皮を剥いで、裏のなどでワンパンするプレイングも良くやりました。 確かに、ドラパルト の上を取れたり、確実に行動保証がある点では強いのですが、 相手にックスを切られると負けに直結するという致命的な欠点があり、自分は非常に使いにくいと感じていました。 。

Next